家庭教師と通信教育


子供の学習環境を整えてあげる事は親の大事な責任ですが、家庭教師にした方がいいのか、それとも学習塾にした方がいいのか大変迷うところです。 金額にいとめをつけないで選ぶ事ができるなら選択肢は豊富にあるのですが、大事なのは子供たちの成績にちゃんと成果を出せる事なのは言うまでもありませんし、子供は一人一人個性があり講師との相性も気になります。 家庭教師業界1つとっても細かくみていくと特徴や方向性がいくつもあり、どれが本当なのかわからなくなることもしばしばです。 受講料が高いところが必ずしも良いわけではなく注意しないと、教材だけ買わされておしまいといった悪質な教材業者のえじきになりかねません。


まずは家庭教師を利用する事を前提に各種システムの違いを比較検討してみる事にしましょう。 家庭教師は派遣型と通信型の2つに大きく分ける事ができます。 前者は従来型のタイプです。 有名大学現役学生がアルバイト派遣されてくるのが一般的です。 近所のお兄さんやお姉さんのような若い先生と一対一で勉強を見てもらうイメージになります。


子供本人にとっては年齢が近いという事もあって勉強以外にも悩みを聞いてもらえたり、直接質問ができたりと人間的な関わりの中で勉強できるのを楽しめます。 社会人が派遣されてくるケースもありますが塾と違って授業内容やペースおよび時間帯を柔軟に決める事ができる点はどの業者も同じです。 主にネットと教材を使って基本的に一人で学習するいわゆる通信教育もあります。 パソコンは小学校に入れば授業で扱いますからほとんどの子供たちが持っているはずです。 追加でデジタルビデオとマイクを準備すればあたかも講師が目の前にいるかのように授業を受ける事ができますし人件費の節約によって派遣型よりは安くあがるものも多いです。


■特選サイト
通信型の家庭教師ではないですが、全国で対応ができるサイトです。 ・・・ 家庭教師 全国